「挑戦シリーズ」は一休み! しばし「景観観賞ゴルファー」!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
moblog_3a294f31.jpg

 本当に偶然なのだけど、この間私が意識してまわって来たコースの設計家たちは
「第二期モダンコース時代」(『ゴルフコース好奇心』マサ・ニシジマ著)と括られるようだ。
代表的な設計家として次の8人があげられていた。( )内は私がラウンドしたコース

 ①ピート・ダイ (ホワイトバーチ)
 ②テッド・ロビンソン ⇒小林光昭氏(サザンヤード・アスレチック)に影響大
 ③R・T・ジョーンズJr. (美浦・オークヒルズ)
 ④マイケル・ポーレット (プレステージ)
 ⑤ジャック・ニクラウス (石岡・サニーフィールド・プレジデント・NSAJ・                             宇都宮ロイヤルゴルフ倶楽部)
 ⑥ジェイ・モリッシュ (豊里)
 ⑦ロバート・ヘギー 
 ⑧加藤俊輔 (太平洋益子・霞南)

 こうしてみると、「リンクス回帰」「英国回帰」の潮流をつくったピート・ダイのコースを「きちんと」廻らなきゃだめだなと思った。まあ、新西山荘と近場の笠間ロイヤルかな…

 ただね…、どうしてもと云うか…、なんとしてもと云うか…、正直なところ、どちらかと云うと ジェイ・モリッシュ氏と ロバート・ヘギー氏に興味や関心が向いてしまうんですよ。

 ジェイ・モリッシュ氏はR・T・ジョーンズ(シニア)とトム・ファジオの下で修業し、ミュアヘッドとニクラウスと組んで仕事をしてきているそうなんです。しかも私の家に一番近いゴルフ場の豊里ゴルフクラブも彼・・・。なんとしても また廻らねば、ね。

 そしてロバート・ヘギー氏。実はこの秋に大叩き男御夫妻とホウライと西那須野をラウンドしようと計画していたのですが、わが家の都合で…残念。これは来年に何としても実現せねば。
と、わが県の桂ヶ丘も彼の「作」とか…。だとしたら大変だ、なんでも「改修工事」が始まっているらしいのです。すると、これを当面の第一課題にしなきゃイカンな。

関連記事
[ 2011-12-13 (Tue) 23:04 ]   Comment(6) / TrackBack(0)
   Category:ゴルフコース
written by エドはん
まだ一回もラウンドしたことが無いんで何としてもと(笑)

 那須の地勢がまず好きですね。山を背にして平野部の方を眺めるのが好きです。と同時にあの辺りの赤松には開拓に携わった方々の魂がこもっているような気がしちゃっています。
 ホウライではツアー選手権も何度か開催していますよね。実力者でもそれこそ最盛期の時にしか勝てないコース、そんな印象があります。まっ、俺の場合景色が一番です(爆)
 モナークも行きてッス。
2011-12-19 (Mon) 21:30 Web [ Edit ]
written by 貴ちゃん チェック
北関東は外国人設計家のコースが多いですね。

桃里(岩舟・J・M・ポーレット)なんて実家からすぐなので行ってみたいのですが、
土日しか行けない身にとってはフィーの方も気にしなくては・・・

ロバート・へギーには毎度痛めつけられてます。
何度やっても上手くいかないコースで、逆にお気に入りです。

一応、今、仕掛中の記事のゴルフが年内最後の予定です、
年明けは、上総モナーク(二クラウス)にて始動します。

2011-12-18 (Sun) 09:43 Web [ Edit ]
written by エドはん
kobaさんへ

 ピート・ダイについてはあくまでもこの著者の見解です。「スコティッシュアメリカンブームの火付け役」等との表記もありました。まあ、かなりというか相当高く評価しているようです。
 新西山荘に関しては、「5年の歳月をかけた入念な工事」と「4年という熟成の時を経て」という宣伝を確認してみたいと思っています。
 彼及び彼のコースの評価はともかくとして、一つの潮流をつくったことは確かなのでしょうから、「一応は回っとくか」と…(笑)。メイプルポイントは同感です。

 桂ヶ丘に関しては想像がつくような、つかないような…、「ごにょごにょ」じゃワカンネエよ(笑)
 高橋勝成プロをアドバイザーに「改修」が始まっているようです。これまた評価はともかくとして、ロバート・ボーン・ヘギーのオリジナルに近い状態を見ておきたいなと思っています。

 でね・・・
那須も上野原も ぜひとも行きたいのですが、その前に別件の「若洲」行っとく?(爆)

2011-12-14 (Wed) 22:59 Web [ Edit ]
written by koba
なるほど・・・そー言うコンセプトなんですね。
でも、あまりに木陰がないから夏場にラウンドした時に、同伴者がぶっ倒れました。しかも2人も。夏場はやめましょう。(笑)
2011-12-14 (Wed) 10:57 Web [ Edit ]
written by 大叩き男
kobaさん、新西山荘は植林したらダメですよ。
昔だから、あんな山のてっぺんに木の無いリンクスを作れたんです。
(普通は緑地規制があるので、木をもっと植えなければいけないはず)
あそこで周りの低山を見ると「海」に見えるでしょ。

あれこそ、ピート・ダイの「リンクス」です。
あれが、ピート・ダイの造りたかったコースそのものだと思います。
2011-12-14 (Wed) 10:33 Web [ Edit ]
written by koba
ホウライ&西那須野は良いコースですよ。冬はキツイけどね(笑)
都合が合えば誘ってください。
桂ヶ丘も同じ設計者だったんだ。
数年前はメンテも悪くて酷かったけど最近は良くなったみたい。
コースは・・・・ごにょごにょ(笑)

えーーーーーーーーー
ピート・ダイって「リンクス回帰」「英国回帰」なの?
全く逆のイメージしかありません。
新西山荘なんて、コース全体の造成が良いのでクラブハウスの予算を半分にして植林してたら、今頃素晴らしいコースになってたと思うけどね・・・勿体無い(笑)
メイプルポイントは一度やってみたいコースです。
2011-12-14 (Wed) 10:17 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://edohangolf.blog137.fc2.com/tb.php/570-3de032d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。